本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第32回 プロジェクトガバナンスマネジメントのポイント(後)(2007.03.12)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


前回は、ガバナンスマネジメントの最大のポイントであるプロジェクトマネジャーの権限について述べた。これで前々回からプロジェクトガバナンスを決める要素になるものはほぼ述べてきたことになるが、今回は残っているものをいくつか取り上げておく。


◆エグゼクティブのかかわり方は監視

まず、多くのプロジェクトでプロジェクトガバナンスを混乱させている一因になっているのが、エグゼクティブの関わりである。この話は結構ややこしい。プロジェクトの上位管理者とプロジェクトの間では権限委譲の意識があり、また、責任意識もある。しかし、エグゼクティブではこのような意識がないケースが少なくない。

プロジェクトにおいて、エグゼクティブの基本的な役割は監視が中心であり、意思決定の役割は支援的なものである。その意味で、まず、明確にすべきことは、エグゼクティブとしてどのような監視ニーズを持っているかと明確にすることである。

例えば、財務担当役員と技術担当役員のニーズは明らかに異なる。しかし、深く考えていくと、すべての要素は連動しているとか、問題が発生したときには他の視点からの分析も必要であるといった理由で、ついつい、すべてを知る必要があるという結論に至る。ここを切り分け、ボードで監視すべき数値を明確にしておく必要がある。


◆各種委員会の存在
エグゼクティブほどインパクトはないが、ガバナンスマネジメントにとっては、よりややこしい存在がいろいろな検討委員会(コミッティー)である。主だったものには、事業性の検討委員会や技術検討委員会である。最近では、プロジェクトマネジメントという立場から、もう少し直接的にリスク検討委員会のようなコミッティー組織を制定するケースも出てきている。

このような組織は、ライン組織の影響が及ばないような形で制定されることが一般的であり、その意味で、プロジェクトに対して自由に発言できる立場にある。

例えば、事業性の議論で、検討委員会がNGを出したときにプロジェクトはどうするか、技術開発可能性についてNGが出たときにどうするのか?といったことを決めておかなくてはならないのだが、これを決める際に問題になるのがリスクをどのように考えるかである。本来、この種のコミッティーはリスクをとらない。したがって、コミッティーの答申(意見)を受けて、プロジェクトとしてリスク判断をし、プロジェクトをどのような形でやっていくかを判断する必要がある。

ところが、プロジェクトが進んできたところで、再び、これらのコミッティー(あるいはその主要メンバー)に意見を聞きたいニーズが出てくることが少なくない。この場合に、どのような連携が可能になるかを決めておきたい。

ところが、プロジェクトがリスクをとった場合、この連携がうまく行かないケースが多い。平たくいえば、プロジェクトがコミッティーの意見を知った上で「勝手」にやったことに対して、これ以上の協力はできないという理屈である。


◆プロジェクト実施中の関係構築もガバナンスマネジメント

本来、コミッティーに問題の相談をすべきかどうかという議論はあるのだが、現実には相談をしたいのだとすると、はやり、重要なステークホルダだと認識して、プロジェクトの立場から有効に活用できるような関係構築をしていく必要がある。この関係構築もはやりガバナンスマネジメントの一環ということになる。

以上、3回かけて、

 ・プロジェクト憲章の発行
 ・プロジェクトマネジメントポリシーの確立
 ・プロジェクト区分の確立
 ・プロジェクトマネジャーの権限
 ・エグゼクティブへの対応
 ・コミッティーとの関係構築

の6点について述べてきたが、この6点がガバナンスマネジメントを円滑に進めるためのポイントであるといってよいだろう。

◆関連するセミナーを開催します◆
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座
   〜プロジェクトを通じて部門の将来を創る       ◆7PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 10月 16日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 11月 16日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
   1.マネジャーからみたプロジェクト活動の位置づけ
   2.プロジェクトに対するマネジャーの役割と責任
   3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
   4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
   5.現在の成果を上げながら、将来への投資をする
   6.プロジェクトに適した人材育成と風土づくり
   7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは