本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第16回 PMOの設立(8)〜PMOの戦略性とは何か(5)続・戦略的PMOの条件(2006.08.21)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆はじめに
読者の方から、戦略的PMOというのは、経営戦略、あるいは事業戦略をプロジェクトに落とし込む役割を果たすPMOのことではないのかというご意見を戴いた。

これまでの記事を読み直してみると、少し、ここがはっきりしていないことに気がついたので、補足しておきたい。この読者の方の指摘はそのとおりである。というよりも、プロジェクトマネジメントそのものが、企業戦略、あるいは事業戦略の実行手段であり、そのプロジェクトの定義を支援するのがPMOである。

問題は支援手段であるが、これはケースバイケースだろう。組織によってはプロジェクトの立ち上げ(デザイン)に直接絡んで行き、プロジェクトと一緒にそれを戦略との整合性の取れたプロジェクトデザインをしていくPMOもある。また、直接的には行わず、経営戦略の実行をプロジェクトマネジメントの方法に落とし込み、それをガイドラインとして提供することにより、経営戦略の実現を図っているPMOもある。

ただ、いずれの場合も、PMOが戦略そのものにコミットすることは稀である。あくまでも戦略実行のプロセスの支援にとどまることが多い。その意味で、PMOが戦略実行のために果たす役割は、プロジェクトマネジメントの方針や方法を決めることであり、また、もう少し上位のレベルでは、プログラムマネジメントのプロセスの支援をすることである。
プログラムマネジメントの支援といった場合、また、そのうち議論するが、ポートフォリオの作成維持のような事業マネジメント寄りのものも含まれてくるが、それはあくまでも、プロセス支援としての位置づけである。

ということで、前回、戦略的PMOの条件を2つ述べたが、今回はその続きである。

戦略的PMOの条件

◆条件3:戦略的計画を達成するための組織的適応性を持つ
三番目の条件は、組織の運用に関わるものである。この条件は結構重要な条件である

第8回で述べたが、PMOの組織というのはもともと、多くの支援型組織と同じく、自己組織化されるものである。

PMO機能のキーワードは「自己組織化」

つまり、必要に応じて、自身で必要な機能を定義し、それを立ち上げ、運用していく必要がある。もちろん、その中心軸に経営の戦略があり、それを逸脱することはありえないが、かといって、経営から機能体系までを指示されることは少ない。平たくいえば、自分で何が必要かを見極め、自分の仕事を決めていくということになる。

PMOが戦略的であるためには、この自己組織化において、組織を戦略に適応させていくことが必要になる。例えば、「顧客の満足する商品を生み出す」という戦略ビジョンを持つのであれば、ビジネスアライメントを強化し、顧客関係管理の機能をPMO自身が持つ必要がある。もちろん、それは顧客がどのような商品やサービスを望んでいるかを探ることが目的ではなく、それを探るためのプロセスを確立していくためである。

◆関連セミナーを開催します
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
◆事例に学ぶPMOの立上げと運営                ◆3.5PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 05月 22日(月) 13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 06月 13日(火) 13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
       【名古屋】2017年 08月 31日(木)13:30-17:00(13:10受付開始)
            名古屋国際センター(名古屋市中村区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  【カリキュラム】
   1.PMOの概要
   2.PMOの形態と機能の整理
   3.PMOの構築手順と計画
     (演習)PMO構築計画策定
   4.事例に見るPMOの立上げと運営のポイント
   5.PMOの成功要因
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは