本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第2回 ゴールブレークダウンストラクチャー(GBS)(2009.10.13)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆プロジェクトマネジメントのトライアングル

プロジェクトマネジメントのトライアングルというのがある。プロジェクトの制約を表現するもので、基本的には

・スコープ(プロダクト品質)
・タイム
・コスト

であり、この3つの要素のバランスをうまくとり、プロジェクト品質を向上させるためのマネジメントを行う。あるいは、ITなどの受注型のプロジェクトでは、スコープを目標と考え、目標達成のためのマネジメントを行うという考え方をするケースもある。この場合は、プロダクト品質がプロジェクトの品質になる。

◆ゴールの多層性とトライアングル

ここで、前回、述べたことを思い出して戴きたい。プロジェクトの目的は、成果物を生み出すことではなく、ゴールを達成することであると述べた。ここで、「ゴール」について少し考えておきたい。

PMBOK(R)にはゴールという言葉は出てこないが、達成すべきものだ。この範囲は広い。目的も含まれるし、プロダクトスコープもプロジェクトスコープも含まれる。実際にゴールとはプロジェクトをどういう範囲で考えるかに関わってくる問題である。
つまり、ゴールは

開発チームの視点:達成すべきスコープ
組織としての視点:達成すべき目的

となる。最低限、この2つの視座がある。このような多層性がある。

そのように考えると、プロジェクトマネジメントのトライアングルは

・ゴール
・タイム
・コスト

と考える方が現実的である。つまり、開発チームにおいても、組織においてもコストとタイムという制約は変わらない。しかし、そこで達成しなくてはならないことには違いがある。

このようにマネジャーにとって、プロジェクトマネジメントとは、タイムとコストの制約の中で、プロジェクトチームの生み出した成果物を使って、(戦略・組織上の)目的を達成するための活動である。

逆にいえば、マネジャーがプロジェクトの目的をきちんと設定していない場合、あるいは、正しくその目的をプロジェクトに伝えていない場合には、スコープ計画は不適切になり、プロジェクトの生み出した成果物には手戻りが生じる。事実、スコープ変更の多くの理由は目的とスコープの不整合で起こっている。

◆ゴールのマネジメントツール GBS
では、ゴールのマネジメントをうまく行うにはどうすればよいか?これはマネジメントの問題なので、いろいろなフレームワークや考え方があると思うが、その一つにブレークダウンストラクチャーを作るという考え方がある。GWS(ゴールブレークダウンストラクチャー)である。

ゴールブレークダウンストラクチャーは

(1)ミッション(戦略ゴール)
(2)ビジネス目標(組織上のゴール)
(3)プロジェクトリクエスト(プロジェクトのゴール=完了基準)
(4)スペック(プロダクト開発のゴール=WBSのトップ)

というゴールのブレークダウンを行う。すると、(4)のスペックがWBSのトップになるので、戦略ゴール(ミッション)から、スムーズにWBS(スコープ定義)まで展開していけるというメリットがある。

また、ゴールの多層性でいえば、一般的には(2)が組織のゴール、プロジェクトで達成すべき問題になるが、このゴールをプロジェクトリクエストに展開して行くことによって、マネジャーとしてのプロジェクトマネジメントとしてすべきことが明確になる。この点でもメリットのある手法だと言えよう。

GBSによって、プロジェクト側はプロジェクトリクエストを満足するためのプロジェクトマネジメント計画を策定する。ここから先は、いわゆるプロジェクトマネジメントの世界である。問題はマネジャー側である。トライアングルから分かるように、コストとスケジュールの制約はプロジェクトと同じものであり、管理をしておけばよい。しかし、ビジネス目標の達成については、自らがマネジメントしていく必要がある。ビジネス目標の中には、マーケットシェアのように、プロジェクトの成果物が上がってきたあとのマネジメントが必要なものがある一方で、ROIや技術開発のようにプロジェクト実施中にマネジメントが必要なものもある。プロジェクトマネジャーにプロジェクトスペックを渡す前に、GBSだけではなく、スケジュールについても検討しておく必要がある。


◆関連するセミナーを開催します◆
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座
   〜プロジェクトを通じて部門の将来を創る       ◆7PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 10月 16日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 11月 16日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
   1.マネジャーからみたプロジェクト活動の位置づけ
   2.プロジェクトに対するマネジャーの役割と責任
   3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
   4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
   5.現在の成果を上げながら、将来への投資をする
   6.プロジェクトに適した人材育成と風土づくり
   7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは