本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

No52. 報奨にてモチベーションを向上する《一般》(2016.02.10)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

【目的】個人とチームに感謝を示し、モチベーションの向上を図る

【用途】プロジェクト期間中(プロジェクト終結だけとは限らない)

【効用】より協力を得ることができ、これからのプロジェクトが成功する

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆報奨にてモチベーションを向上する

報奨は、チームマネジメントの重要な要素です。

報奨には、公式、非公式、有形、無形の報奨がありますが、ラフなコミュニケーションにて、かつ思いがけないタイミングの無形の報奨がモチベーションの向上に最も効果があると言われています。

それでは、報奨にはどんなものがあるのでしょうか。

1.無形の報奨

・業績に対する感謝をできれば、フェースツーフェースにて、バーチャルチームであれば、メール、電話にて示します。たとえ、ささいなことでも明白に示し、それを 継続する
・状況報告レポートのドキュメント類やミーティングなどで、役職や役割ではなく、氏名(バイネーム)を使う
・書面にて、チームメンバーの上位者に、チームの業績、成果を報告する
・公式な会議において、チームメンバーのプロジェクトへの貢献を感謝する
・進捗会議やプロジェクトレビューなどにおいて、個人やチームの成果について議論する
・マネジメント会議や顧客との打合せの際には、プロジェクトチームの代表として参加してもらう
・チームの内での責任範囲を広げる
・謝意の表明として、何らかの証明書やグッズ(ペン、バッジなど)を作成し、渡す

上記の報奨は、頻繁に行うことが有効だと言われていますが、もし、自分がメンバーだったら、嬉しいのかどうかの観点から考え、実行するのが良いのではないでしょうか。そして、相手を理解することを、次に、考えましょう。

2.公(おおやけ)の有形の報奨

・チームで計画した、プロジェクト成功を記念するイベントや祝典
・個人やチームに対する賞の授与(組織の内外を問わない)
・衣服、食べ物、その他の景品などの誰もが価値を認める賞品
・旅行や国際会議・トレーニング参加などへの支援
・昇進や責任範囲・業務範囲の拡大

上記のような金銭的なコストがかかる報奨は、個人やチームを高く称賛する場合などには特に有効と言われています。が、イベントや商品などが好まれないものの場合、かえって、モチベーションを下げてしまいます。

3.非公式の有形の報奨
・給料増額の提案
・ボーナスやストックオプションなどの金銭的報酬
・食事やイベントのチケットなどの提供

チームメンバーの力を最上限に活かすためには、上記の報奨にてモチベーション向上を図ることが重要です。

ステークホルダーマネジメントでは、報奨をカレンシーと考え、ステークホルダーに動いてもらうことを考えましょう。

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーマネジメント〜相手の世界を理解し、信頼関係を築く◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年12月12日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 01月 22日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダー分析の手法
3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
5.ステークホルダーと交渉する
6.ステークホルダーマネジメントを計画する
7.ケース
 ・顧客とのよい関係を作る
 ・上位組織を動かす
 ・チームを結束させる
8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは