本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

No46. 意思決定の方法(1)《PMstyle》(2016.01.05)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

【目的】複数の選択肢の中から、体系的な意思決定プロセスにて、1つを選択する

【用途】プロジェクト期間を通じて、あらゆる局面において

【効用】最終的に顧客が期待する成果物を提供することができる

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆意思決定のプロセス

意思決定を行うためには、まず、問い、論点を定義する必要があります。

論点を理解せずに早まった問題解決を行わないために、回答が必要な問いについて、明白で曖昧さのない文章または、箇条書きで記載します。

そして、現状見えている症状や解決したい問題だけを考慮するのではなく、特性要因図、因果ループ図などを使用し、問題の源泉を探します。

特性要因図。因果ループ図は下記コラムを参照してください。

PMstyle Kit No31. トラブルの起源を特定する特性要因図

PMの道具箱 第77回 システム思考のツール:因果ループ図

そして、創造的問題解決と同様に、ブレーンストーミングなどのツールを使って、可能性を広げた案をできるだけ創出します。

その中から、コスト、タイム、リソースなどの制約条件を考慮し、また、ゴールに向け、要求に対する優先順位をつけ、最も良い案を選択します。

このような意思決定のためのプロセスをまず、決めて、そしてそのプロセスにのっとって、意思決定を行います。ある人が意思決定するのか、それとも、チームで意思決定するのかも決めておきます。

◆意思決定の方法
通常、以上のプロセスにて意思決定を行いますが、そのプロセスの中で、どのように意思決定をするのかという方法は、次の6種類があります。
皆さんはどの方法をとっているでしょうか?

・合理的意思決定:長所と短所を比較し、決める
・直観的意思決定:自分の経験が示すもので決める
・感情的意思決定:焦りやストレスなどから判断する
・創造的意思決定:新しい解決方法を模索する
・監督的意思決定:上司の命令や規定されているものに従う
・政治的意思決定:出世などを考え、決める

最近、意思決定したことは、どの方法だったでしょうか。

プロジェクトで必要な意思決定について、次回に取り上げます。


◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆クリティカルシンキング〜考え抜く技術             ◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年 09月 12日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 12月 18日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
       【名古屋】2017年 06月 27日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
            名古屋国際センター(名古屋市中村区)
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/critical.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                           
   1.クリティカルに考えるとは
   2.ロジカルシンキング
   3.何を疑うのか(合理性)
   4.何を疑うのか(内省)
   5.クリティカルシンキングの4ステップ
   6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
   7.クリティカルシンキング総合演習                  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは