本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

No43. 要求事項収集(2)《PMstyle》(2015.12.11)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

【目的】顧客が要求するプロジェクトのアウトプットが何かを理解する

【用途】プロジェクトの立上げと計画時に顧客の要求を明白にする

【効用】顧客のニーズとビジネス価値に合致した成果物を提供できる

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆要求事項収集(2)

要求事項を一言でいいますと、プロジェクトに顧客、ステークホルダーが求めているものと言えます。

スコープもプロジェクトスコープとプロダクトスコープから構成されていることからわかりますように、プロダクトに求めるものとプロジェクトマネジメントに求めるものに分かれるのではないでしょうか。

PMBOK(R)ガイド第5版のスコープ知識エリアのプロセス「要求事項収集」のアウトプットとして、「要求事項トレーサビリティ・マトリクス」があります。

「要求事項トレーサビリティ・マトリクス」とは、プロダクトの要求事項の発生源と要求事項を満足させる成果物のつながりを格子状に示したものです。
(PMBOK(R)用語集)

プロダクトの要求事項の発生源とは、

・ビジネス・ニーズ、好機、目的、目標
・プロジェクト目標
・プロジェクトスコープやWBS成果物
・プロダクト設計
・プロダクト開発
・テスト戦略とテストシナリオ
・ハイレベルの要求事項に対する詳細な要求事項

を指しています。

つまり、成果物への要求事項(特徴、仕様、性能など)がプロジェクトのプロセスやプロダクトプロセスが進む中で、きちんと検討、実現されているのかどうかを追跡するマトリクスのことです。

ですが、このトレーサビリティ・マトリクスは、あくまでもプロダクトへの要求事項を追跡するだけであり、プロジェクトマネジメントに対する要求事項が満足されているかどうかを追跡することはできません。

PMstyleでは、顧客、ステークホルダーがプロジェクトマネジメントに求めるものを次の7点と考えています。

・説明責任
・情報の共有
・明確な計画
・問題発生時の責任体制
・丁寧なコミュニケーション
・要求に合致した成果物
・成果物の評価方法

また、これらについて、顧客、ステークホルダーがどの程度求めているのかを要求事項として、収集し、スコープに反映し、マネジメントしていくべきと考えています。

続きは次回に。


◆関連するセミナーを開催します
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
◆ステークホルダーマネジメント〜相手の世界を理解し、信頼関係を築く◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年06月29日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
           銀座ビジネスセンター(東京都中央区)
        【大阪】2017年 07月 03日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダー分析の手法
3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
5.ステークホルダーと交渉する
6.ステークホルダーマネジメントを計画する
7.ケース
 ・顧客とのよい関係を作る
 ・上位組織を動かす
 ・チームを結束させる
8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

コンセプチュアル思考

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは