本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

No24. ステークホルダー特定とステークホルダーマップ《一般》(2015.04.07)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

【目的】マネジメントすべきステークホルダーを特定する

【用途】プロジェクトの立上げ時や実行中に、ステークホルダーの特定を行う

【効用】ステークホルダーのプロジェクトへの支援を強化し、妨害の可能性を減らす

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆ステークホルダー特定

ステークホルダー特定は、プロジェクト憲章を作成するプロジェクトの立上げ時や、プロジェクトインフラストラクチャーを定義している時に行います。

プロジェクトインフラストラクチャーの詳細については、こちらをご覧ください。

PMstyle Kit No6. プロジェクトインフラストラクチャー(グランドデザイン)

プロジェクトのステークホルダー(利害関係者)には、プロジェクトスポンサー(プロジェクトに予算やリソースを提供する人)を筆頭に、スタッフや別部門のマネジャー、別プロジェクトやプログラムのマネジャー、意思決定者、監査部門など、業務がプロジェクトと関連する部門の属する人やグループがいます。
また、顧客やユーザ、プロジェクトチームメンバーを含めて、母体組織(プロジェクトが属する組織)の内外に存在しています。

その方々は、プロジェクトに対して、有している組織の権限を使ったり、使わなかったりして、プロジェクトに多大な影響を与えようとします。立上げ時に、影響を与えているとは限りません。

プロジェクトに対して、ポジティブ(肯定的)であれば、何とか支援をしようとし、ネガティブ(否定的)であれば、妨害を行います。

その方々は、プロジェクトやプロジェクトを行っている人々に対してポジティブやネガティブな場合ももちろんあります。
が、その方々は、プロジェクトを実行することによって、自分自身が影響を受けますので、その影響の内容によって、プロジェクトへの姿勢が左右(ポジティブなのかネガティブなのかが)されるはずです。

ステークホルダーマネジメントとは、一言で申しますと、ポジティブな方々のプロジェクトへの支援を強化し、ネガティブな方々のプロジェクトへの妨害の可能性を減らす、もしくは退場していただくことです。

そのため、重要なステークホルダーを認識できませんと、プロジェクトが頓挫する元凶となってしまいますので、ステークホルダー特定をチームにて行うことがお薦めです。

また、プロジェクトを実行中にステークホルダーリストの見直しのため、ステークホルダー特定を行うことも必要です。途中からお出ましするステークホルダー(今まで見えていなかったのかも)もいらっしゃいますので。

◆ステークホルダーマップ

ステークホルダーを特定するためのツールとして、PMstyleでは、ステークホルダー一覧表を使用することが多いです。
ステークホルダー一覧表については、以下のコラムをご覧ください。

PMの道具箱 第53回 ステークホルダー一覧表

ステークホルダー一覧表は、表形式ですが、グラフ形式でステークホルダーを特定するツールにステークホルダーマップがあります。
中央に、プロジェクトを配置し、放射線上に、以下のステークホルダーのカテゴリーを配置し、その枝に、ステークホルダーをバイネームで記載していきます。

ステークホルダーのカテゴリー
・プロジェクトスポンサー
・関連するプロジェクトのリーダー(プロジェクトマネジャー)
・監査部門
・財務部門
・品質部門
・プロジェクトの支援部門
・IT部門
・プロジェクトチームメンバー
・購買部門
・マーケティング部門
・製造部門
・顧客
・ユーザ

このように、ステークホルダーのカテゴリーを設定しておくことによって、ステークホルダーリスト(登録簿)から漏れが発生することを防ぐことができますので、活用をお薦めします。


◆関連セミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーマネジメント〜相手の世界を理解し、信頼関係を築く◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年06月29日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
           銀座ビジネスセンター(東京都中央区)
        【大阪】2017年 07月 03日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダー分析の手法
3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
5.ステークホルダーと交渉する
6.ステークホルダーマネジメントを計画する
7.ケース
 ・顧客とのよい関係を作る
 ・上位組織を動かす
 ・チームを結束させる
8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは