本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第94回 見えないものを見えるようにするイノベーティブ・リーダーシップ(2016.07.27)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆なぜ、本質は見えないのか

ちょっと必要があって日産の水野和敏氏(現在は華創日本株式会社代表取締役、最高執行責任者COO)の著書

水野和敏「非常識な本質──ヒト・モノ・カネ・時間がなくても最高の結果を創り出せる」、フォレスト出版(2013)

を読んだ。ちょっと気づいたことがあったので、今回はその話題。

本質と言うのは一般的には見えない。だから、本質を探すのは難しい。


◆日産・水野さんの経験

ここまではいいと思うのだが、問題はなぜ、見えないかだ。水野さんの本で、本質の説明に使われている例がいくつかあるのだが、その一つにカーレースの話がある。カーレースに勝つための本質は、マシンの最高速度ではないというのが水野さんの説。

本質は、平均速度を如何に上げるかであり、そのためには最高速度を上げる方法とは異なるアプローチが必要だという。たとえば、富士スピードウェイでいえば、最高出力で走れるところは全体の18%に過ぎないそうだ。つまり、82%はカーブで、ここを速く走れるマシンの方が勝つ可能性が高いと考えた。

このほかにも、コックピットの作業時間を短縮すれば、大幅に有利になるなど、いくつも勝つためのレースの本質を具体化した方法を考案し、それを実際に投入して、国内耐久選手権3連覇、1992年にはデイトナ24時間レースを含め、全戦全勝という見事な成績を残した。

この際、水野さんが採用した方法はいずれも常識を外れるものだった。だから非常識な本質だと言っているし、非常識だからこそ、本質が見えない。たとえば、最高出力にこだわらないという方法は、関係者はもちろん、レーサーも嫌がる方法だったらしい。だとすれば、誰も見えない方法だということになる。


◆イノベーションにおける例

イノベーションにはこういうポイントがたくさんある。たとえば、今、世の中をにぎわしているポケモンGOのシステムのベースになっているのはグーグルマップだが、マップ化を最初に考えたのはグーグルではない。

もともと、デンマーク人の兄弟Lars Rasmussen と Jens Rasmussenがシドニーに設立した企業 Where 2 Technologies によって開発されたもので、C++言語で記述されたダウンロード型のソフトウェアだったが、Google が Where 2 Technologies を買収し、二人のチームが Webベースのサービスとして再開発したものがグーグルマップになったものだ。

後悔されてもう10年以上になるが、今でもイノベーティブである。


◆見えないものを見えるようにするリーダーシップ

グーグルマップが話題になったときに、日本の地図ソフトをやっている会社が現実的ではないと非難をしていたのを思い出すが、水野さんの話を読んでいると、やっぱり、人間が本質を隠し、イノベーションを妨げているとしか思えない。

水野さんがGT-Rを作った時代と今では時代が違うが、今でも日本人の経営陣であれば、GT-Rはできなかったと思う。イノベーションをやれと言いながら、実際には失敗したくないからだ。特に自動車のように開発サイクルの長い製品ではこの傾向が強いだろう。

失敗を恐れながらイノベーションに取り組むということは、失敗しないイノベーションのテーマを探してやっていうということだ。これは従来の研究開発で技術を創り、その技術を使って新しい製品を作るというタイプのイノベーションの方法としては正しい方法であるが、今、重要だとされている既存の技術やサービスの組み合わせのよるイノベーションではありえないことである。水野さんのやってきたことはまさにこれで、そのためには、パンパではないリーダーシップが必要である。

これこそが、イノベーティブ・リーダーシップを呼ぶべきものだ。

◆関連するセミナーを開催します
PMstyleのコンセプチュアルスキルの総合セミナーです。コンセプチュアルスキルの基本とそれを実現するコンセプチュアル思考が2日間で学べます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキルの基本           ◆(14PDU's)
  日時:2017年 06月 20日(火)~ 21日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
   1.本質を洞察し、応用する
   2.本質を見極めるスキル
   3.コンセプチュアルに考える5つの思考
   4.洞察力を高める
   5.応用力を高める
   6.思考をコンセプチュアルにするツール
   7.コンセプチュアルが行動を変える
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

コンセプチュアル思考

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは