本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第47回 月を打ち落とすイノベーション(2014.08.06)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆自動運転車というイノベーションはなぜ起こるのか

前回、技術とイノベーションの関係について書いたが、技術プッシュの問題の根底は戦略にある。企業の活動をどのように見るか、現実をどのように見るかという問題はあるが、企業(カンパニー)の活動を部分最適を目指す活動の集合とみれば、イノベーションの課題は前回のように部分として技術と顧客ニーズをいかに統合するかという議論になる。

現実の度合い、事業の広さなどの問題はあるにせよ、企業活動を全体最適を目指すものだとみれば、イノベーションは(事業戦略)にしたがって行われるものだということになる。イノベーション戦略ノートの第11話に

経営戦略とイノベーション


という記事を書いたが、この世界になるわけだ。

今回のイノベーション戦略ノートはその上でという話である。

こういう文脈では出てこないイノベーションというのがある。たとえば、今、自動運転車で大きな話題になっているグーグルのイノベーションを考えてみよう。


◆グーグルXとムーンショット

グーグルはソフトウエア以外でもいろいろなことをやっているイメージがあったが、その研究は謎に包まれていた。グーグルにはグーグルXという研究所があり、そこでさまざまな研究が行っているということになっていた。半年くらい前に、グーグルXがマスコミに公開され、実態が明らかになってきた。

グーグルXは、ムーンショット(困難だが壮大な挑戦)と呼べるイノベーションを目指す研究所で、自動運転車「Google Car」、メガネ型情報端末「Google Glass」、気球を使ったインターネット接続網「Project Loon」、医療用の「スマートコンタクトレンズ」の4つのプロジェクトが公式のプロジェクトとして行われているらしい。

ムーンショットは

1.数百万人からできれば数十億人に影響する問題に取り組むアイデアであること
2.SF(小説や映画)の話にも思えるほどラジカルな解決策(少なくともそうした要素を含む)を用いるアイデアであること
3.現時点または近い将来に使える技術を活用するアイデアであること

の3つの基準で選ばれるそうだ。


◆グーグルグラスはなぜ、ムーンショットなのか

上に紹介した4つのプロジェクトの中で、他の3つはこれから10年くらいかけて普及していくテーマだといわれるとそうかと思うが、グーグルグラスはちょっと毛色が違う。米国ではすでに発売されており、米国以外でも発売がうわさされている「商品」である。

これについて、グーグルは、新しいカテゴリー、新しい問いに価値があるということを提案しているという。その説明にグーグルが引き合いに出しているのが、PCという新しいカテゴリーと、アップル2が世の中に問いかけた有名な問い

あなたが会計士のような専門職でなくても、自宅にリーズナブルな価格でコンピュータを欲しいと思いませんか?

である。


◆グーグルショットは壮大な問い

グーグルグラスはアップル2と同じ問いをしているという。そのためには、グーグルグラスを世の中に出す必要がある。つまり、グーグルグラスというイノベーションはまだ完成しているわけではなく、発展途上なのだ。発売と同時に、いろいろなアプリケーションが提供されるようになってきている。

グーグルグラスは、「壮大な問い」なのだ。

実はアップル2が世に受け入られらたのはアップル2そのものではなく、「VisiCalc」というアプリケーションが登場してきたからだ。

今風にいえば、一種のエコシステムのイノベーションだともいえるが、このように壮大なイノベーションでは、戦略ドリブンでも技術ドリブンでもないやり方というのが考えられるわけである。

◆関連セミナー
本連載の関連セミナーを開催します。ご参加お待ちしています。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆イノベーションプロジェクトのマネジメント             ◆7PDU's
  日時:2017年 07月 25日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_innov.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
  1.イノベーションを理解する
  2.イノベーションのニーズを見極める
  3.イノベーション機会を作る
  4.イノベーションを実行する
  5.イノベーションの成果を展開する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは