本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第3回 PMの基本!充実したテンプレートの作成 その3(2007.03.15)

アイ・ツー・マネジメント 代表取締役 岡野 智加

前回は、Microsoft Office Project(本文ではMS Projectと呼ぶ)でプロジェクトマネジメントの標準的なテンプレートを作成するにあたって一番最初に設定しなければならない、最も重要なEVMオプションについてお話しましたが、今回は、それに次ぐ重要オプションであるカレンダーオプションについてお話します。

ここでは、カレンダーオプションだけでなく、自社の稼働時間を設定したプロジェクトカレンダーを作成する方法についてもお話します。

■プロジェクトカレンダーの設定
MS Projectには、プロジェクトカレンダーがあり、その稼働時間や稼働日に従ってタスクがスケジュールされます。
MS Projectには、プロジェクトカレンダーとして以下の4つのカレンダーが用意されています。
既定として設定されているのは、標準カレンダーです。

   

それらを使用するのであれば、[プロジェクト]メニューの[プロジェクト情報]をクリックして表示される[プロジェクト情報]ダイアログボックスの[カレンダー]ボックスから設定したいプロジェクトカレンダーを選択します。



■独自のプロジェクトカレンダーの設定
MS Projectが既定で用意しているカレンダーではなく、自社の会社のカレンダーを独自に作成する場合は、以下の手順で設定します。

    

●プロジェクトカレンダーの新規作成
自社のカレンダーを作成します。

@ [ツール]メニューの[稼働時間の変更]をクリックして[稼働時間の変更]ダイアログボックスを表示します。
A [新規作成]ボタンをクリックします。



B [新しい基本カレンダーの作成]ダイアログボックスで[カレンダー名]を入力します。
C [新しく基本カレンダーを作成する]または[指定するカレンダーを基に作成する]を選択します。何かのカレンダーをコピーして作成する場合は[指定するカレンダーを基に作成する]を選択し、基にするカレンダーを選択します。
D [OK]ボタンをクリックします。



E [稼働時間の変更]ダイアログボックスの[カレンダー名]ボックスに、作成したカレンダーのカレンダー名が表示されていることを確認します。
F [日付]のカレンダーで、稼働時間を変更したり、非稼働日に設定したい日付けを選択します。
G [選択した日付を次の値にセット]のラジオボタンを選択し、選択した日付の稼働時間を変更したり、非稼働日に設定したりします。
H [OK]ボタンをクリックします。

●カレンダーオプションの設定
作成したプロジェクトカレンダーを使用して整合性の取れたスケジュールを行うためのオプションを設定します。

@ [稼働時間の変更]ダイアログボックスで、[オプション]ボタンをクリックします。
A [開始時刻の既定値]、[終了時刻の既定値]を、作成したプロジェクトカレンダーの稼働時間に合わせて設定します。これは主に、制約の設定やプロジェクトの開始日または終了日の開始時刻や終了時刻の既定に使用されます。
B [1日の稼働時間]、[1週間の稼働時間]、[1月の日数]を、作成したプロジェクトカレンダーに合わせて設定します。これは、各タスクの作業時間を「分」に換算するために使用されます。MS Projectは「分」単位でスケジューリングするので、入力された期間が「分」に換算され、その後、算出された「分」をプロジェクトカレンダーの稼働時間や非稼働日に従ってスケジューリングします。
C このオプションの値を今後作成する全てのプロジェクトファイルでも使用する場合は、[既定値として設定]ボタンをクリックします。
D [OK]ボタンをクリックします。

 

●プロジェクトカレンダーの設定
[プロジェクト]メニューの[プロジェクト情報]をクリックして表示される[プロジェクト情報]ダイアログボックスの[カレンダー]ボックスから設定したいプロジェクトカレンダーを選択します。

●タイムスケール部分へのプロジェクトカレンダーの表示
上記手順でプロジェクトカレンダーの設定を行えば、タイムスケール部分に表示されるカレンダーは自動的にプロジェクトカレンダーに設定されるのですが、この設定が反映されないビューがあります。最もよく使用するビューでは、「ガントチャート」と「タスク配分状況」ビューが、自動的にはこの設定が反映されないので、以下のように、手動で設定する必要があります。

@ [書式]メニューの[タイムスケール]をクリックして[タイムスケール]ダイアログボックスを表示します。(タイムスケール部分の日付部分をダブルクリックしても表示されます。)
A [非稼働時間]タブをクリックします。
B [カレンダー名]からプロジェクトカレンダーを選択します。プロジェクトカレンダーには(プロジェクトカレンダー)と表示されています。



その他のオプションの設定については次回詳しくお話します。

◆プロジェクト計画書作成のセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方    (7PDU's)
  日時・場所:【東京】2017年 05月 23日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 08月 28日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/plan20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.プロジェクト計画書作成プロセス
 2.プロジェクト計画をデザインする
 3.プロジェクト計画の骨組みを決める
 4.プロジェクト活動計画書の書き方
 5.予算計画書の書き方
 6.リスク計画書の書き方
 7.ステークホルダー計画書の書き方
 8.コミュニケーション計画書の書き方
 9.プロジェクト計画全体の整合と各計画書の調整
 10.プロジェクト計画書の使い方と段階的詳細化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

岡野 智加    アイ・ツー・マネジメント 代表取締役

大手ISベンダーなどにてOracleをはじめとするソフト・トレーニングの講師経験を経て、現在、Microsoft Office Projectセミナーに特化した教育事業経営を行っている。
1998年に日本初の、プロジェクトマネジメントの世界標準であるPMBOKTM(Project Management Body of Knowledge)に準拠したMicrosoft Office Projectセミナープログラムを独自開発。これまでの単なる操作方法を習得するセミナーではなく、プロジェクトマネジメントプロセスに従ったMicrosoft Office Projectの実践的活用ノウハウが習得できるセミナーを開発。
開発当初からこの今までに無い実践的な内容のセミナーは、当時、プロジェクトマネジメントをいち早く導入しようとしていた日本の最大手企業から高い評価を得る。
マイクロソフト社からも評価され、、2002年には日本初の米国マイクロソフト社公認Microsoft Office Project Official Partnerに認定される。
2002年に出版した書籍は、これまでの単なる操作方法を解説する書籍ではなく、プロジェクトマネジメントのプロセスに従ったMicrosoft Office Projectの活用方法が解説されているということで、大ベストセラーとなり、売れ続けており、その後の書籍及び日本中のセミナー企業へ多大なる影響を与える等、Microsoft Office Project講師として日本におけるリーディングパーソンである。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは