本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第22回 段階的詳細化におけるマネジメント計画(2) (2014.08.27)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆段階的詳細化におけるマネジメント計画(2)

前回は、プロジェクトの計画には段階的詳細化が必要で、そのためのマネジメント計画が必要と書きました。

はじめてのプロジェクトマネジメント(21)
   〜段階的詳細化におけるマネジメント計画


本号は、その続きで、具体的な段階的詳細化の計画の作成方法です。

段階的詳細化していく対象はスコープですので、スコープの計画であるWBSが段階的詳細化の対象です。

また、WBSの最下層の成果物を、いつ作るのか、誰が作るのか、という計画をスケジュール計画、要員計画にて、決めますので、それらの計画も段階的詳細化の対象です。

それでは、それらの計画をいつ、どの部分を段階的詳細化するのか、という点が問題になってきますが、これらのことを決めた、計画を作成するための計画マネジメント計画を作成します。

その計画マネジメント計画は以下の手順で行います。

1.マネジメントの方針を決めます
 どのようなマネジメントがしたいのかをまず、決めます。例えば、顧客の要望を全 て取り入れるために、スコープ確定をなるべく後ろで行いたい、などです。

2.マネジメントの方針に従って段階的詳細化の5W1Hを決めます
 ・Why:なぜ、段階的詳細化をするのか
  (例:スコープ確定をなるべく後にするため)

 ・What:どの計画を段階的詳細化するのか?
  WBSは?スケジュールは?担当者は?

 ・Where:WBSの全部か、もしくは一部を段階的詳細化するのか

 ・When:いつ、段階的詳細化を行うのか

 ・Who:誰が段階的詳細化を行うのか

 ・How:どのように詳細化するのか

上記の5W1Hは、次の手順で分析を行い、段階的詳細化の計画を作成します。

1.計画の作成に必要な情報、必要な決定の中で、立上げ時点で不足しているものをリストアップします
2.初期計画と、段階的詳細化する計画を決める
3.不足しているものがいつ確定するかを分析する
4.確定しないものについては、マネジメント方針に照らし、いつ決めるかを決める
5.詳細化のタイミングを決める

例えば、要員の確保が初期段階では不確定である。
それはいつ決定されるのか分かっていれば、それが段階的詳細化のタイミングになります。もし、いつ決定されるのかが不明であれば、いつ決めるのかを決めます。

例えば、キーマンの参加が不確定で、いつ決まるのかがわからないため、このタイミングで決めましょう。プロジェクトが進まないというタイミングで決めるのか、さっと見切りをつけて早々と決めるのかは、マネジメントの方針に従います。
また、プロジェクトマネジャーのマネジメントのやり方でしょう。

通常、段階的詳細化は、まずはフェーズ、次にマイルストーン、またはリスクが大きく変化するタイミングに着目して行います。

そして、分析の結果を5W1Hにまとめ、マネジメント計画に記載し、段階的詳細化のタイミングにて、WBSやスケジュール、要員計画を段階的詳細化し、更新された計画に従って、プロジェクトを実行します。

このように、計画的に段階的詳細化を行うことで、絵に描いた餅のような計画ではなく、より実用的な、より実行しやすい計画となるはずです。


◆プロジェクト計画書作成のセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方    (7PDU's)
  日時・場所:【東京】2017年 05月 23日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 08月 28日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/plan20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.プロジェクト計画書作成プロセス
 2.プロジェクト計画をデザインする
 3.プロジェクト計画の骨組みを決める
 4.プロジェクト活動計画書の書き方
 5.予算計画書の書き方
 6.リスク計画書の書き方
 7.ステークホルダー計画書の書き方
 8.コミュニケーション計画書の書き方
 9.プロジェクト計画全体の整合と各計画書の調整
 10.プロジェクト計画書の使い方と段階的詳細化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは