本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第18回 情報はコミュニケーションが前提である (2010.03.05)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆情報はコミュニケーションが前提である

前回は、ドラッカーの言葉をお伝えしました。

コミュニケーションの第3原理
   「受け手に対して何かを要求する」


つまり、受け手がなんらかの行動を起こさない場合は、送り手側からのコミュニケーションは成立しなかったということです

今回は第4原理です。

   「コミュニケーションと情報は別物である」


情報(じょうほう)は、生物の行動に影響を与えるすべての事象である。環境中の光や音、神経の発火やホルモンなどの生体シグナルをはじめ、あらゆるものを「情報」とみなすことができる。歴史的には、事象、事物、過程、事実などの対象について知りえたこと、「知らせ」の意味で使われてきたが、情報理論の発展によって、より広い意味で使われるようになった。
情報理論(じょうほうりろん、英: Information theory)は、情報・通信を数学的に論じる学問である。
情報理論の基本となる概念は人間のコミュニケーション手段として最も広く使われている「言語」である。
情報理論は、1948年、クロード・シャノンが Bell System Technical Journal に投稿した論文 "A Mathematical Theory of Communication"(通信の数学的理論)を始まりとする。

   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シャノンのモデルは送り手側が、メッセージを通信チャネルを使って受け手側に送るが、通信チャネルには雑音源があるため、ノイズが発生し、正しくメッセージが伝わらない場合があることを示しています。

また、シャノンのモデルは一方向的な説得を目的としたコミュニケーションモデルであり、送り手と受け手の間で意図の共有が前提となるモデルです。

その後、ベンジャミンのコミュニケーションモデルが考案され、そこでは、コミュニケーションの次の9要素が定義されています。

 ・送り手
 ・記号化能力
 ・メッセージ
 ・チャネル
 ・受け手
 ・解読能力
 ・フィードバック
 ・ノイズ
 ・文脈

このモデルの特徴は、受け手のメッセージの受け取りを確認するフィードバックという行動であり、特にメッセージに対して同意を示しているわけでもなく、メッセージを理解し、そして、返信する行為のことである。

コミュニケーションは、

・送り手が他者が理解できる言葉にメッセージを記号化し、
・記号化されたメッセージをチャネルを通じて、受け手に送り、
・受け手はメッセージを解読することで理解し、
・受け手はフィードバックを送り手に返信する
・その背景には文脈(コンテクスト)がある
  コミュニケーションが行われる際の物理的、社会的、心理的、文化的状況がある
・コミュニケーションを妨害するものとしてノイズがある。

と定義することができます。

ノイズは、騒音、電話の混信、メールの不着などの物理的ノイズ、送り手の偏見、受け手の先入観などなどの心理的のノイズ、外国語、専門用語などの言語的ノイズに分類され、

コンテクストには、コミュニケーションが行われる際の物理的、社会的、心理的、文化的状況が含まれ、コミュニケーションの形式や内容に影響するものです。

つまり、コミュニケーションには、人間的属性が多く含まれています。

それに反して、情報は感情、価値、期待などの人間的属性を除去すればするほど、有効となり、信頼性が高くなってくるものです。

情報はコミュニケーションすることが前提になりますが、

コミュニケーションは情報よりも知覚を重視し、経験の共有を目指します。

情報伝達だけがコミュニケーションではないということです。

◆コミュニケーションマネジメントのセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロジェクトを成功させるコミュニケーションマネジメント
   〜コミュニケーションミスをなくし生産性を向上させる◆(7PDU's)
  日時・場所:東京:2016年 12月 02日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        大阪:2016年 08月 30日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/comm20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.コミュニケーションとは何か
 2.コミュニケーションの難しさ(演習)
 3.プロジェクトにおけるコミュニケーションとコミュニケーションマネジメント
 4.コミュニケーションマネジメントを計画する
 5.コミュニケーションマネジメントの実践(進捗報告のロールプレイ) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは