本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第1回 なぜ、行動できないのか?(2004.01.09)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆PMコンピテンシーへの関心の高まり
 プロジェクトマネジメントへの関心が高まり、トレーニングを受ける機会も増えてきたし、おびただしい数の書籍も出版されている。また、組織内でのPMOや、メンターなどのサポート制度の導入も増えてきている。

 しかし、個々人のレベルでみれば、決して順調にスキルアップをしているとは言えない状況だ。PMP(R)ホルダの数が目覚しく増えているという話は聞くが、よいプロジェクトマネージャーが増えてきたという話はあまり聞かない。

 PMP(R)は3ヶ月勉強すれば取得できるが、よいプロジェクトマネージャーの育成は3年はかかる。もう少し時間が必要だと言いながらも、反面で、PMの育成担当者の多くが、そろそろ、焦りを感じてきたのも事実だろう。

 この状況がPMコンピテンシーへの関心の高まりの背景である。

◆なぜ、できないのか
 では、なぜ、できないのだろうか?

 座学で知識を得る。ケーススタディーで考えるトレーニングをする。ロールプレイでヒューマンスキルのトレーニングをする。メンターからのいろいろな経験上のアドバイスを受ける。これら自体をうまく消化できている人は多いが、実戦ではそれを発揮できないままに終わる。なぜか。

 この問題の一つの答えは、明らかに「経験不足」だ。育成に時間がかかる一因は、経験させるのに時間がかかるからだ。しかし、トレーニングを受けて3年間経験をして、3年後には立派なPMになれるのかというと「?」なのだ。ここに一つ問題がある。

 もう一つの問題は「成功体験」をさせることができないことだ。弊社では多くの企業でPMコンピテンシーモデルの開発を実践しているが、PMコンピテンシー(パーソナルコンピテンシー)の中で必ず出てくるものの一つに「自信」がある。

 最近は、「メンター」をつけるような工夫をしている企業も多い。「自信」を持つのに、周囲の支援が重要なことはもちろんだが、「自信」というコンピテンシーを高めるにはやはり、成功を経験していくしかない。これができない。

◆成功の秘訣は総合的取り組み
 早いもので、PMやPMBOK(R)が注目されだしてもう3年くらいになり、取り組みの早かった企業では徐々に結果が出始めた。もちろん、納期遅れプロジェクト数が会社全体で30%削減できたといった顕著な成果が出始めている企業もあるが、一方で、何も変わらないと感じている企業も多い。

 誤解のないようにしていただきたいが、成果を出している企業はPMのトレーニングだけで成果を出しているわけではない。プロジェクトマネジメント標準の導入、改善、組織的サポートなど、多くの施策を行い、成果を出している。

◆失敗の主要原因は育成
 しかし、逆に成果の出ていない企業のほとんどは、プロジェクトマネージャーの育成に問題を抱えていることも事実だ。水掛け論ではなく、企業の成長は、個人の成長が組織を成長させ、組織の成長が個人を成長させるという好循環で実現される。この循環の構成ができていないのだ。この循環を作る切り口として多くの人が注目しているのは、やはり人である。

 最初の取り組みの時点ではプログラムとして、組織、仕組み、人をセットで取り組む。これは正しいし、否定しているわけではない。しかし、そこで何らかの理由でうまく行っていない場合には、現状打破のレバレッジ(テコ)が必要になる。そのレバレッジになるのは人だという話だ。

 その意味で「人材を育てる」ことには特別な意味がある。


◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアルな思考について学ぶ講座です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考〜見えないものに挑む思考法 ◆(7PDU's)
  日時:2017年 06月 07日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_thinking.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.思考をコンセプチュアルにする思考法
  2.思考をコンセプチュアルにする思考ツール
  3.コンセプチュアルな思考を妨げるもの
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時:2017年 05月 16日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.概念的に考えて、具体的な行動をする
  2.本質を見極めるスキル
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルが行動を変える〜ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは