本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第1回 できるプロジェクトリーダーは本質を見極める(2015.07.17)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆はじめに

2014年5月〜10月に、「コンセプチュアル・プロジェクトマネジメント講座」という全10回の連載をした。これはコンセプチュアルスキルをプロジェクトマネジメントにどのように応用するかを説明した解説だったが、その後、そもそもコンセプチュアルスキルがよく分からないという話を何とか耳にした。

この連載の中では第1回と第10回にコンセプチュアルスキルの概要と、コンセプチュアルスキルを身につける方法を述べた以外は、コンセプチュアルスキル部分についてはセミナーに来てくださいという建付けにしていたので、こういう要望が出てきたのだと思う。たとえば、本質を見極めるにはどうすればよいのかといったことが分からないということだ。

そこで、新たにプロジェクトリーダーが必要とするコンセプチュアルスキルについて解説する連載を始めることにした。コンセプチュアルスキルの体系で解説することも考えたが、あくまでもプロジェクトマネジャーとして必要とするコンセプチュアルスキルという点に焦点を当てることにした。その意味でタイトルは「ノート」とした。


◆本質を見極める必要がある3つの局面

ということで第1回は、なぜ、コンセプチュアルスキルなのだという話をしてみたい。コンセプチュアルスキルとは簡単にいえば、本質を見極めて行動するスキルである。

プロジェクトリーダーにとってもっとも重要なスキルは何かと考えたときに、「本質を見極めるスキル」だといえる。プロジェクトリーダーが本質を見極めなくてはならない局面は少なくとも3つある。


◆プロジェクト要求を決める

一番目は、プロジェクト要求を決める際である。プロジェクト要求には顧客要求もあれば、組織が発する要求もある。組織要求と顧客要求は相反することが多い。顧客はできるだけ多くの成果を欲しいと思うし、組織はできるだけ少なく済ませたい。

これをコストの問題として、足して2で割ったような答えを出すようではよいプロジェクトリーダーとは言えない。両者の要求の本質を探り、本質レベルで擦り合せをし、両者が納得できるようなWinWinの答えを出すのがよいプロジェクトリーダーである。


◆問題解決を行う

二番目は問題解決である。プロジェクトで問題が発生した、メンバーが問題を起こした、顧客や組織起因の問題が起こったなど、プロジェクトは問題のオンパレードであり、プロジェクトリーダーがもっとも時間を割かなくてはならないのは問題解決であることは間違いない。

ところがここですべての問題現象に対して、対応していたのでは時間がいくらあっても足らない。そこで、本質的な問題だけを選んで対応する必要がある。

同時に、問題の本質を探すことも大切である。たとえば、スケジュール遅れがあちこちで起こったとしよう。そのときすべきことは個別の問題に対応することではなく、なぜ同時にあちこちで問題が発生したかであり、それは問題の本質であり、それに対応することである。それによって、同じような問題の発生は防ぐことができるだろう。

さらにいえば、本質を見抜くことによって、本質を具体化する、これまでにはなかったアイデアを考えることができる。創造的な問題解決をするためにも、本質を見抜くことは重要である。


◆コミュニケーション

三番目はコミュニケーションである。問題解決とも関係するが、たとえばメンバーに指示をする際に、一人一人に指示をするのはメンバーが3名を超えると難しくなる。そこで重要になってくるのは指示の本質を伝えるコミュニケーションだ。

プロジェクトで動いているのだから、指示の本質は同じだ。極論すればこのプロジェクトを成功させてくれだが、それでは指示にならない。そこで、プロジェクトを成功させるためには何が必要かを抽象的なレベルで考えてみる。たとえば、メンバー間でしっかりとコミュニケーションすることかもしれないし、自分の担当分に責任を持つ(リーダーシップを発揮する)ことかもしれない。それがプロジェクトを成功させるための本質ということになる。

それをしっかりと把握したコミュニケーションをとることによって、プロジェクトチームをうまく動かすことができる。

まだ、他にも本質の見極めが必要な局面はあると思うが、とりわけ重要なことはこの3つだと覚えておいて欲しい。


◆セミナーのご案内
PMstyleでは以下のようなセミナーを行っています。
(1)本質を見抜く方法を説明したセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時:2017年 05月 16日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.概念的に考えて、具体的な行動をする
  2.本質を見極めるスキル
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルが行動を変える〜ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(2)本質を見抜いた要求を開発する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆コンセプチュアルプロジェクトマネジメント講座      ◆7PDU's 
  日時:2017年 09月 26日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区) 
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス,共催PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
   1.成果を最大化する目的と目標の決定
   2.要求の本質を見抜いたスコープ定義
   3.本質的な目標を優先する計画
   4.プロジェクトマネジメント計画を活用した柔軟なプロジェクト運営
   5.創造的な問題解決
   6.経験を活かしてプロジェクトを成功させる              
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


(3)本質を見抜いた問題解決
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本質に注目したコンセプチュアルな問題解決         ◆7PDU's
  日時:2017年 07月 11日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_solve.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
  1.問題と問題解決
  2.3つのタイプの問題解決
   【演習】問題発見
  3.コンセプチュアルな問題解決の流れ
  4.コンセプチュアルな問題解決のポイントとツール
   【演習】各ポイントのエクスサイズ
  5.コンセプチュアルな問題解決演習
  6.うまく行かないときの考え方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは